「固定発生源からの排ガス分析マニュアル」((一社)日本環境測定分析協会)発行のお知らせ

(一社)日本環境測定分析協会では環境測定分析に関する知識及び技術を普及する事業の一環として大気技術委員会で固定発生源からの排ガス分析法のJIS原案作成・改正を行っています。排ガス分析法は対象とする排ガスの種類、成分と性状が多様である事から環境測定に関わる方々が理解できるよう要点をマニュアル化し、本書が発行されました。分析法の他、環境関連の法律や環境計量証明に関わる要件、排ガス試料採取方法から報告書の作成例やばい煙発生施設の届出まで役に立つ情報が紹介されています。また、固定発生源から排出され全有機化合物(TVOC)として測定している揮発性有機化合物(VOC)の多成分一斉分析法も最新技術と共に紹介されています。本マニュアルは無料で公開され、実際に測定に携わる方だけでなく分析を委託する側の方にも役立つよう配慮されています。技術の進歩と共に改訂が反映できるようオンラインでダウンロードする形式になっており、必要部分だけ利用できるのでご活用ください。

詳細は、こちら

令和4年特別セミナー追加講演のお知らせ!

令和4年特別セミナー2講演を追加しました。

第5回 2022年5月17日(火) 13:30-15:00 オンライン開催

テーマ:富士山頂での大気観測の歴史と研究成果

第6回 2022年6月14日(火)13:30-15:30 オンライン開催

テーマ: 光化学大気汚染に関する特別セミナー(仮題)

詳細、お申し込みは、こちら

令和4年特別セミナーのご案内!!

最近の特に関心の高い大気環境問題に関する特別セミナーを2022年1月から3月にかけて3回連続でオンライン開催致します。

第一回目は、『大気中マイクロプラスチック』、
第二回目は、『PM2.5の健康影響』、
第三回目は、『我が国のエネルギー動向』に関してです。
多くの皆さまのご参加をお持ち申し上げます。

主催:一般財団法人大気環境総合センター IIAE

■ファーストステージ

2022年1月14日(金) 13:30-15:30 オンライン開催

テーマ:
大気中マイクロプラスチック問題の現状と課題
講師(敬称略):
大河内博(早稲田大学)『大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響(AMΦプロジェクト)』(仮題)
新井田恭弘(パーキンエルマージャパン)『顕微FTIR の基礎と大気中マイクロプラスチックへの適用と課題』(仮題)
田村耕平(日本分光)『顕微ラマン分光法の基礎と大気中マイクロプラスチックへの適用と課題』(仮題)

■セカンドステージ

2022年2月16日(水)14:00-16:00 オンライン開催

テーマ:
PM2.5の健康影響
講師(敬称略):
奥田知明(慶應義塾大学)『PM2.5の採取・分析と環境動態』(仮題)
高野裕久(京都大学)『PM2.5の毒性学』(仮題)
島 正之(兵庫医科大学)『PM2.5の疫学』(仮題)

■サードステージ

2022年3月15日(火)13:30-15:30 オンライン開催

テーマ:
我が国のエネルギー動向
講師(敬称略):
秋元圭吾(地球環境産業技術研究機構)『カーボンニュートラルに向けた我が国のエネルギー動向』(仮題)
パネリスト:
太田幸雄(北海道大学名誉教授、IIAE理事)
司会進行:
小林伸治(IIAE理事)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「大気中マイクロプラスチック問題の現状と課題」については、
第二弾を4月頃に予定しております。
講師(敬称略):大河内(早稲田大学)、小林(日本サーマル)、渡辺(フロンティア・ラボ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サイトをリニューアルしました

今回のリニューアルにより、情報発信・共有を強化し、よりわかりやすく、親しみやすいホームページになりました。
withコロナ・afterコロナを見据え、定期的・継続的な質の高いコラム、動画、SNSをホームページで構築できることを意識しました。
ホームページをお役に立てるツールとしてより充実させていきたい所存です。
引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

Fortran言語の解説書「データ解析のためのFortran90/95」(pdf版)の公開について

本解説書は、故西川敦先生(2014年10月24日ご逝去、享年60歳)が愛媛大学農学部・
大気環境科学研究室の学生指導用として作成・活用されていたものです。以前は愛媛大学
農学部のHPで公開されておりましたが、研究室の終了にともなって、現在はサイトが閉じ
られておりアクセス出来ません。しかし、大変、有用な解説書なので、是非、公表して広
く活用して戴きたいとの願いから、ご遺族の了解を得て、IIAEから公開する事と致しまし
た。多くの皆様にご利用戴ければ幸いです。

データ解析のためのFortran90_95
目 次
第I部 導入編
第1章 Fortran90/95 について
第2章 Fortran プログラミングの基本

第II部 基礎編
第3章 制御構文
第4章 配列
第5章 プログラムの構成
第6章 データ型
第7章 入出力
Fortran90/95 についての参考書

以上

今後のIIAEセミナー等の開催についてのご案内

IIAEセミナー参加の皆様、講師の皆様へのIIAE理事会からのお知らせとお願い 2020年5月26日

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う政府・自治体のイベント等への自粛要請や社会経済動向については、今後の先行きがなかなか見通せません。このような状況を踏まえ、今年予定されておりますIIAEの定期セミナーについては、いったん、総て中止と致します。他学協会の状況をみましても、10月くらいまでのイベントは、延期・オンライン開催等が発表されていますがIIAEセミナーに関しましても、今後、開催方法を検討して参ります。

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期にわたり継続して、来年以降も、今まで通りに人を集めてのセミナー開催が困難になる事も十分に考えられますので『新たなIIAEセミナー実施方法』を模索する必要があります。

 IIAEでは、これまでにもZoomを用いてのCMAQ活用に関するWebセミナー実施の実績がありますので、定期セミナーについてもZoomを取り入れての開催を検討しましたが、すべての講師の方にオンラインでの講義をお願いするには、まだ十分な準備が出来ておりません。

 よって、今年は、そのための準備期間とし、今後Zoom等での講義をお願いするためのマニュアルを整備したいと思います。これと共に、様々な形での情報発信に対応できるよう、その間にホームページの拡充・リニューアルを図って参ります。

 また、もし今期IIAE定期セミナーでのご講演の準備を進めていただいておられる講師の先生方の中で、Zoom対応等でのセミナー実施が可能であれば、あらためて日程調整のうえ、スポット的なセミナーを試みることも検討致します。

『新たなIIAEセミナー実施方法』につきましては、今後、色々な可能性を考えて参りますが、IIAEセミナー参加の皆様、講師の皆様からのご提案も是非お寄せ戴きたくお願い申し上げます。

どうかくれぐれもご安全にお過ごし下さい。
———————————————————————-
一般財団法人 大気環境総合センター 理事会 
———————————————————————-