過去の特別セミナー

  • IIAE令和元年特別セミナー  『エネルギーと大気環境』 13:00~17:00 (12:30より受付開始)

    開催日講師概要テキスト
    2019年12月10日笠原 三紀夫

    エネルギー利用の推移と新エネルギー技術の現状と課題

    18世紀後半に始まった第一次産業革命では,エネルギー源として石炭を利用し,1950年代には中東などにおいて多量の油田が見つかり石炭は石油へと転換し,さらに1970年代の2回の石油危機により天然ガス,原子力が増加した。近年における世界の一次エネルギー消費量の約85%は石炭,石油,天然ガスを中心とした化石燃料が,約4.5%は原子力が,残り約10.5%は水力発電を中心とした再生可能エネルギーが占めている。エネルギーの利用形態は,図1に示したようにSO2やNOx,ばいじんなどによる大気汚染問題やCO2による地球温暖化に大きく関わり,昨今激しさを増す台風や豪雨など気候変動の要因となっている。
    わが国における大気汚染問題は,全体としては改善傾向にある一方,地球温暖化・気候変動は,世界のCO2排出量は増加傾向にあり,特に近年は開発途上国における増加が著しく,2020年以降の地球温暖化対策の国際的枠組みを定めたパリ協定が採択されている。
    地球温暖化を推進するためには,化石燃料から再生可能エネルギーへの転換が必須であり,わが国では,図2に示した太陽光発電など「発電分野」5種,太陽熱利用など「熱利用分野」4種,バイオマス燃料製造「燃料分野」1種を(狭義の)新エネルギーと指定し,エネルギー源の多様化,エネルギー高率の飛躍的向上を目指し,国策として特に推進すべきものとしている。
     本セミナーでは, ① エネルギーの生産・利用,② エネルギー利用と大気汚染・地球環境問,題,③ 新エネルギー技術,④ 新エネルギー利用の現状と課題,について述べる。

    ダウンロード
    河野 吉久

    風力発電の環境アセスメントの現状と課題

    平成24年10月以降,1万kw以上の風力発電所が環境影響評価法の対象になり,また平成25年4月からは配慮書手続きが加わった。2018年12月時点で風力発電所建設計画約250件が審査対象になっている。しかし,これまでに評価書が確定した案件は約20%程度にとどまっている。
    配慮書・方法書を提出してから環境調査を実施して評価書確定までのアセス手続きの迅速化が求められている。一方,事業者はできるだけ早く設備認定や系統連系手続きを進めたいため、事業計画の熟度が低い状態で方法書手続きを開始している。特に、方法書段階で風車配置や改変工事の内容や規模が未定であることから調査点の配置の妥当性が議論できない事例,準備書段階でも採用予定の風車の諸元が提示できない事例,評価書段階でも工事計画の詳細が未定など,発電所アセスの中でも風力は特異な状況を呈している。最近では大型の洋上風力の計画も発表され,審査案件は途切れることのない状況となっている。
    環境影響評価評価法では,定量的な影響予測評価を行うことが求められているが,定量性を担保するために必要な調査が実施できているかどうかといった課題も顕在化している。再生可能エネルギーの導入・促進を図るために自然との共生・調和を目指してアセス手続きを効率的に実施することは重要であるが,科学的にも信頼性のある調査が行われ,予測評価が的確に行われていることが確認できるように事後調査の充実やアセス図書の公開に取り組む必要があることなどについて解説する。
  • IIAE令和元年特別セミナー  『化学物質と大気環境』 13:00~17:00 (12:30より受付開始)

    開催日講師概要テキスト
    2019年11月12日早川 和一

    多環芳香族炭化水素類の環境動態と測定の意義

    世界保健機構 (WHO)は, PM2.5などが引き起こす大気汚染によって世界で毎年数百万人以上が死亡していると警告している。PM2.5は種々の呼吸器系及び循環器系の疾患と関連していることから,既に我が国では大気環境基準が定められている。PM2.5には,ベンゾ[a]ピレン(BaP)に代表される発がん性や変異原性を有する多環芳香族炭化水素(PAH)やニトロ多環芳香族炭化水素(NPAH)が含まれており,その汚染対策も重要な課題になっている。既に,いくつかの国ではBaPに関する大気環境基準が定められ,WHOでも目標値が設定されている。我が国でも早くから,いくつかのPAHやNPAHが中央環境審議会「対策を施すべき優先取り組み物質」に指定され,現在,その対策の実施に向けて準備が進められている。
    PAHやNPAHは有機物の不完全燃焼で生成し,主な発生源には,化石燃料を使用する自動車や工場,暖房施設などの他,焼き畑や森林火災などもある。我が国では,かつて都市や幹線道路周辺で自動車排ガス粉塵による深刻な大気汚染が問題となり, PAH,NPAH濃度も極めて高かった。その後,度重なる自動車排ガスPM,NOx対策が実施されてきた。一方,中国華北の冬は,石炭暖房によるPM2.5汚染が激しく, PAH,NPAH濃度も日本より高い。発生源が違うと発生するPAH,NPAHの量も組成も異なるので,健康影響も同じではない。
    本セミナーでは,今後の大気中PAH,NPAHの測定やリスク評価に必要な知識として,我が国及び諸外国の汚染の変遷と現状を理解し,測定法や曝露評価法,発生源解析法に関する基礎を解説する。
    ダウンロード
    奥田 知明

    大気環境研究の新たな視点-粒子の有害性評価・表面積・帯電状態・地下鉄環境-

    試料採取地点(福岡大、慶応大、埼玉県に設置)においてサイクロン式大流量PM2.5新規採取装置で得られたPM2.5粉体試料を細胞・動物曝露を行い曝露影響評価を述べる。
    電極版に電圧を印加することで粒子を帯電状態毎に分別し、OPC(光散乱粒子計数装置)で粒子個数濃度を測定する粒子帯電測定装置を紹介する。
    国内で初めてとなる地下鉄での本格的な調査を行った慶應義塾大学・奥田知明教授のグループによる地下鉄構内の運行状況によるPM2.5濃度の推移等を述べる。
  • IIAE令和元年特別セミナー  『大気環境測定の最前線』 13:00~17:00 (12:30より受付開始)

    開催日講師概要テキスト
    2019年10月15日松見 豊

    スマートモニタリング(超小型大気測定機器、メガデータ、AI)の活用に向けて~現状と課題~

    【概要】
    大気成分のローコストで小型で比較的精度の高い大気環境センサの開発により、1家庭に1個、1人に1個のレベルでの環境計測が可能になりつつある。今後の数年でこの小型計測器の活用を中心に大気環境科学が大きく変革され、第三世代の大気環境科学3.0が始まろうとしている。コンパクトなセンシング技術と小型で高機能で高速なプロセッサの発達により生まれた小型センサ技術だけでなく、携帯電話回線や高速ネット環境などの電子情報網の発達により様々な大量のデータがリアルタイムで集まり、人工知能の応用により解析されて有用なアウトプットを得ることができるビッグデータの情報基盤、さらには様々な技術を総合するスマートシティの構築もこの大気環境科学3.0を進めていく大きな原動力である。我々が行っている小型センサの開発と評価、そして我々が実際に展開している小型センサの応用とその成果について紹介し、さらに小型大気環境センサがもたらす新しい大気環境科学について述べる。
    ダウンロード
    中井 里史

    PM2.5 成分分析法の現状と課題

    【概要】
    2009年にPM2.5の環境基準が制定されて10年が経過した。この間の出来事については60回大気環境学会年会「都市大気エアロゾル分科会」でも振り返りが行われるところである。近年のPM2.5の質量濃度は低下傾向にあるものの、依然として大都市圏や瀬戸内地域で環境基準達成率が低い傾向にあり、一層の対策が必要となっている。PM2.5の発生源は多岐にわたるうえ、生成機構も複雑であり、対策は容易ではない。そこで重要なのはPM2.5の成分組成を正しく把握することである。これまでの調査研究でも長期の成分組成観測により、PM2.5の発生源対策とその効果の検証が行われてきた。例えばディーゼル自動車やダイオキシン対策がPM2.5濃度の低減に貢献したことが報告されている。一方、行政には、環境省が作成した成分分析のガイドラインに従って、地方自治体は四季、2週間の観測を行っている(以下、手分析という。)。そのデータの蓄積も進み、活用も行われるようになってきた。さらに2017年からは自動連続測定機を使ったモニタリングも開始され、リアルタイムで成分組成を把握できるようになってきた(以下、自動測定という。)。今後の課題として、手分析では精度管理の充実が必要なこと、自動測定では測定精度の向上が望まれることがあげられる。
  • IIAE 新春特別セミナー『マイクロプラスチック』第二弾

    開催日講師概要テキスト
    2019年01月28日鑪迫 典久

    マイクロプラスチックの生物への影響について』

    講師:愛媛大学 鑪迫典久先生
    ダウンロード

    マイクロプラスチック規制に関わる国内外の状況と水環境中での存在実態

    講師:京都大学 田中周平先生
  • IIAE 新春特別セミナー『マイクロプラスチック』第一弾

    開催日講師概要テキスト
    2019年01月21日

    大気と海洋の物質循環

    講師:東京大学 植松 光夫 先生
    ダウンロード

    大気中マイクロプラスチックの研究事始め:現状と課題

    講師:早稲田大学 大河内 博 先生