開催セミナー案内

  • 開催時間は14:00~16:00です。(13:30受付開始)
  • セミナー会場はこちら ⇒ https://iiae.or.jp/about/access/
  • 受講料無料、但し、資料代として1,000円(税込み)承ります。

※テキストのダウンロードは賛助会員(法人・個)様み可能となります。
 賛助会員のお申し込みはこちら ⇒ https://iiae.or.jp/about/membership-system/

  • IIAE第二期セミナー 地球と地域の大気環境と最近の話題

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2018年10月02日笠原 三紀夫

    エネルギーと大気環境

    趣旨:
    20世紀の象徴ともいえる科学技術の進展や,それを背景とした産業・経済の急速成長は,豊かで便利な生活を人々に与えてくれた一方,化石燃料を中心としたエネルギーの大量消費とともに,地域の環境汚染(公害)をはじめ,地球環境の破壊,資源の大量消費,廃棄物の増大など,負の遺産をももたらした。とりわけエネルギーの生産・利用は,大気環境問題と密接に関係し,化石燃料の燃焼に伴う大気汚染や地球温暖化,核エネルギー利用に伴う放射能汚染など,自然環境,生活環境に大きな悪影響を及ぼしている。
    本セミナーでは,下記のようなテーマについて概説し,エネルギー問題と大気環境問題について改めて考えてみたい。
    1. エネルギーの生産・利用
    1) エネルギー状況
    2) エネルギー源
    3) 省エネルギー
    2. エネルギー利用と大気汚染
    1) エネルギー利用に伴う大気汚染
    2) 大気汚染問題の推移
    3. エネルギー利用と地球環境
    1) 地球環境問題
    2) 地球温暖化
    3) 酸性雨
    4) オゾン層破壊
    4. 核エネルギーと放射能汚染
    1) 放射線基礎
    2) 原爆と放射能汚染
    3) 原子力利用と放射能汚染
    セミナー終了ダウンロード
    第2回2018年10月16日若松 伸司

    大気汚染物質

    大気汚染物質濃度の経年変化や地域分布の特徴を、大気化学(ラジカル類の役割など)、気象(局地気象や地球温暖化の影響など)、並びに発生源(大気汚染規制、税制、経済活動など)との関連で把握する。この中で、大気汚染の立体分布や広域大気汚染の実態も明らかにし、環境基準の見直し等も含めた今後の研究課題を展望する。
     
    1、はじめに(発生源・化学反応・気象)
    2、大気汚染物質
    3、大気汚染の化学(ラジカルの役割を中心として)
    4、大気汚染の気象学(局地気象を中心として)
    5、大気汚染の立体分布と広域大気汚染
    6、大気汚染のトレンドと対策 
    7、まとめ 環境基準、地域大気と地球環境
    セミナー終了ダウンロード
    第3回2018年10月30日早川 和一

    有機化学物質PAH類

    ベンゾ[a]ピレン(BaP)に代表される多環芳香族炭化水素(PAH)類は発がん性/変異原性を示すものが多いことから、優先取り組み物質にリストアップされています。いくつかの国では,既にPAH類のなかでBaPについて環境基準/指針等が設定されており、我が国でも設定に向けての検討が進められています。本セミナーでは以下の様に、世界と我が国の汚染の現状、発生源や大気内動態、代謝活性化・毒性などを学ぶとともに、捕集や測定、毒性評価にまつわる課題についても考え、我が国及び世界の今後を展望します。

    1. はじめに: 世界の大気環境問題と日本
    2. PM2.5と多環芳香族炭化水素 (PAH) 類:発生と動態
    3. PAH類の代謝と毒性
    4. 都市大気汚染: 世界の現状,最近の日本
    5. PAHの越境汚染
    6. 世界の環境基準/指針と日本の取り組み
    7. PAH類の捕集/分析法,毒性評価法と課題
    8. まとめと展望
    セミナー終了ダウンロード
    第4回2018年11月13日河野 吉久

    風力発電の環境アセスメント

    平成24年10月以降,1万kw以上の風力発電所が環境影響評価法の対象になり,また平成25年4月からは配慮書手続きが加わった。これまでに風力発電所建設計画約240件が審査対象になっている。しかし,これまでに評価書が確定した案件は約40件にとどまっている。

    配慮書提出から評価書確定までのアセス手続きには通常4年近くを要することから審査の迅速化が求められている。一方,事業者は固定買取価格制度(FIT制度)のもとで、できるだけ早く設備認定や系統連系手続きを進めたいため、事業計画の熟度が低い状態で方法書手続きを開始する例が頻発している。特に、方法書段階で風車配置や改変工事の内容や規模が未定で調査点の配置の妥当性が議論できない事例,準備書段階でも採用予定の風車の諸元が提示できない事例,系統連系が確保できない事例,等々様々な要因が原因でアセス手続きが完結しないなど,事業者サイドの課題がある。

    一方,調査計画策定に際して,調査地点の配置,調査点数,調査期間など,法が求めている定量的な影響予測評価を行うために必要な調査を実施する側の課題も顕在化しつつある。アセス手続きを効率的に実施するとともに,精度よく影響予測評価を行うためにどのように取り組む必要があるかなどについて事例をもとに解説する。
    セミナー終了ダウンロード
  • IIAE第二期セミナー 計測

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2018年11月27日泉川 碩雄

    大気モニタリング-- 光化学オキシダント

    大気モニタリング-- 光化学オキシダント

    大気汚染の常時監視業務の目的は、環境基準の評価や大気汚染防止対策の評価などの基礎資料を得ることなどにある。
     特に光化学オキシダントは環境基準達成状況が低いことからその未達成の解明に光化学オキシダント濃度の経年変化を把握することが必要になっている。
     この経年変化を見る上で光化学オキシダントの測定方法の変更や改善が行われてきておりその測定値の継続性が課題となっている。
     昭和40年頃から光化学オキシダントの常時監視が開始されたが実用化された測定器がなかったことや測定器の校正に必要な濃度既知のオゾンガスを得る方法が確立されていない。
    また、光化学オキシダントの主成分であるオゾンは不安定さから他の汚染物質とは異なる保守管理が必要である。
     これらの事項等について調査研究が行われ、その成果が得られるごとに測定方法の変更等が行われた。
     ここでは、次のような事項について述べる。
    1.校正用標準オゾン濃度を求めるための測定方法
    2.動的校正方法
    3.窒素酸化物等の干渉成分の影響
    4.測定器の測定精度に影響する保守管理事項
    5.光化学スモッグ注意報、警報発令基準
    セミナー終了ダウンロード
    第2回2018年12月11日長谷川 就一

    PM2.5などの粒子状物質の捕集と分析

    大気中の粒子状物質(エアロゾル)を捕集及び分析するときに考える必要がある要素は,「粒径」,「成分」,「空間」,「時間」である.
    調査や研究の目標・目的に応じてこれらの要素を考慮し,捕集に用いるサンプラーとフィルターを選ぶ.
    その選択におけるポイント,使用における留意点などについて解説する.
    また,様々な成分の分析の中で唯一,エアロゾルの分析に特化した手法や装置を用いているのが炭素成分(元素状炭素や有機炭素)の分析である.そのため,分析の原理や試料の影響,データの解釈など,留意すべき点が非常に多い.
    これらについても整理して解説する.

    1.粒子状物質の捕集
    ・分粒・分級
    ・流量
    ・フィルター
    2.炭素分析
    ・熱分離法と熱分離・光学補正法
    ・熱分離・光学補正法による分析に影響する要素
    ・データ解析における留意点
    セミナー終了ダウンロード
    第3回2019年01月15日前田 恒昭

    VOC計測

    予約申込ダウンロード
    第4回2019年01月29日藤谷 雄二

    固定発生源

    予約申込ダウンロード
  • IIAE第二期セミナー 観測

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2019年02月12日神田 勲

    局地気象観測

    予約申込ダウンロード
    第2回2019年02月26日高見 昭憲

    大気汚染の長距離輸送観測

    予約申込ダウンロード
    第3回2019年03月12日星 純也

    VOCの環境動態

    予約申込ダウンロード
    第4回2019年03月26日山神 真紀子

    SPM,PM2.5の環境動態と解析

    予約申込ダウンロード
  • IIAE第二期セミナー 気象・モデリング

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2019年04月09日吉門 洋

    大気汚染と局地気象

    予約申込ダウンロード
    第2回2019年04月23日太田 幸雄

    大気放射観測と放射収支モデル

    予約申込ダウンロード
    第3回2019年05月14日森川 多津子

    大気汚染モデルによる発生源寄与評価

    予約申込ダウンロード
    第4回2019年05月28日斎藤 正彦

    大気汚染観測とモデル解析

    予約申込ダウンロード
  • IIAE第二期セミナー 発生源・環境アセスメント・アジア

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2019年06月11日小林 伸治

    自動車発生源

    予約申込ダウンロード
    第2回2019年06月25日川東 光三

    交通環境アセスメント

    予約申込ダウンロード
    第3回2019年07月09日茶谷 聡

    アジアと日本の発生源と大気環境

    予約申込ダウンロード
    第4回2019年07月23日廣田 恵子

    アジアの自動車排出ガス規制

    予約申込ダウンロード
  • IIAE第二期セミナー 影響・曝露

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2019年08月06日篠原 直秀

    個人曝露量評価

    予約申込ダウンロード
    第2回2019年08月20日小野 雅司

    ヒートアイランドの影響

    予約申込ダウンロード
    第3回2019年09月03日小川 和雄

    大気汚染の植物影響

    予約申込ダウンロード
    第4回2019年09月17日森口 祐一

    SPMろ紙測定と移流拡散沈着モデルによる事故後 初期の大気中放射性物質分布の再現

    予約申込ダウンロード
  • 【大気汚染対策と国際環境協力】2018年7月開講 9月まで3カ月間

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2018年07月02日加来 秀典

    都市環境アセスメント(理論と応用、事例など)

    セミナー終了ダウンロード
    第2回2018年07月31日川東 光三

    沿道環境アセスメント(理論と応用、事例など)

    セミナー終了ダウンロード
    第3回2018年08月06日森川 多津子

    沿道・都市・広域大気汚染モデリング(理論と応用、事例など)

    セミナー終了ダウンロード
    第4回2018年08月20日岡﨑 友紀代

    国内外の大気環境動態(愛媛、メキシコ)

    セミナー終了ダウンロード
    第5回2018年09月04日山本 充弘

    途上国環境協力

    セミナー終了ダウンロード
    第6回2018年09月18日井上 堅太郎

    環境政策・環境行政ー地域が果たした役割と課題ー

    セミナー終了ダウンロード
  • 【光化学オゾン】2018年4月開講 6月まで3カ月間

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2018年04月02日若松 伸司

    生成機構とトレンド

    セミナー終了ダウンロード
    第2回2018年04月16日小林 伸治

    発生源(NOXとVOCを中心に)

    セミナー終了ダウンロード
    第3回2018年05月07日前田 恒昭

    VOC測定

    セミナー終了ダウンロード
    第4回2018年05月21日小川 和雄

    生態系への影響(沿道、都市、山岳地域への影響)

    セミナー終了ダウンロード
    第5回2018年06月04日神田 勲

    光化学オゾンの立体分布観測

    セミナー終了ダウンロード
    第6回2018年06月18日斎藤 正彦

    光化学オゾンのモデリングと解析

    セミナー終了ダウンロード
  • 【PM2.5】2018年1月開講 3月まで3カ月間

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2018年01月15日太田 幸雄

    大気粒子の組成と地域・地球大気環境への影響

    セミナー終了ダウンロード
    第2回2018年01月29日山神 真紀子

    大気粒子組成分析と解析

    セミナー終了ダウンロード
    第3回2018年02月05日早川 和一

    粒子状物質大気環境動態と影響

    セミナー終了ダウンロード
    第4回2018年02月19日紀本 岳志

    中国におけるPM2.5大気汚染の実態と生成機構

    セミナー終了ダウンロード
    第5回2018年03月05日森川 多津子

    大気粒子発生源(移動、固定、自然起源)

    セミナー終了ダウンロード
    第6回2018年03月19日藤谷 雄二

    PM2.5凝縮性粒子(発生源と環境動態)

    セミナー終了ダウンロード
  • 【大気環境概論】2017年10月開講 12月まで3カ月間

    開催日講師概要予約申込テキスト
    第1回2017年10月02日若松 伸司

    ガス状大気汚染物質概論

    セミナー終了ダウンロード
    第2回2017年10月16日笠原 三紀夫

    粒子状大気汚染物質概論

    セミナー終了ダウンロード
    第3回2017年11月06日大原 眞由美

    酸性雨概論(生成機構と環境動態)

    セミナー終了ダウンロード
    第4回2017年11月20日小林 伸治

    大気汚染発生源概論(発生源の測定方法や対策の歴史)

    セミナー終了ダウンロード
    第5回2017年12月04日前田 恒昭

    大気環境計測と計測精度管理概論(理論と制度)

    セミナー終了ダウンロード
    第6回2017年12月18日斎藤 正彦

    大気汚染気象概論(接地層の気象学とモデリングの理論と活用)

    セミナー終了ダウンロード